• 診療時間
    8:30~13:00/14:00~19:00
    休診日
    木曜、日曜、祝日
  • 0262265228

根管治療

根管治療について

むし歯が悪化してしまうと、歯の中心にある歯髄(神経や血管)まで細菌に感染してしまい、除去する必要が出てきます。また過去に根管治療を行った歯でも細菌が残留していて、これが原因で様々な痛みが生じます。これらの歯は、残った根管(歯の根)の治療を行ってから被せ物を使用して仕上げます。

根管治療が必要な理由

「根管治療」は、むし歯が重症化して神経を抜いた後に必要となる治療です。神経を保護する「根管」は歯の根に向かって長く伸びているので、感染した組織が残っていると歯の根で炎症が起こって抜歯に至る可能性が高くなります。そのため、感染を丁寧に除去してから封鎖する必要があるのです。
根管は非常に細いうえに形状が複雑なこともあって、以前は内部の清掃が非常に難しいとされてきました。しかし当院はさまざまな設備や方法を駆使して精度が高い根管治療を行っています。

精密な根管治療を
実現するための取り組み

マイクロスコープを用いた
根管治療

根管は非常に細いうえに曲がりくねったりしているので、肉眼で内部の感染状況を見ることができません。そのため、過去の根管治療では歯科医師の勘と経験に頼った診療が行われていました。しかし、マイクロスコープが登場してからは、根管の内部を拡大して見ながら治療を進められるようになったので、精度が大きく向上しています。当院でもマイクロスコープを使用して、むし歯の再発を予防することに努めています。

根管治療の流れ

  • Step01

    歯の神経を取った後に根の長さを測ります。

  • Step02

    汚染された歯の根の部分を掃除してきれいにします。

  • Step03

    根の中に薬を入れて消毒します。

  • Step04

    消毒が終わった後に薬などを入れて密封します。

  • Step05

    症例によっては金属の土台を入れます。

  • Step06

    冠をかぶせて完了です。

お困りの方はご相談ください

根管治療はどこの歯科医院でも頻繁に行われる治療ですが、アメリカでは根管治療専門医が存在するほど難しい治療の一つです。
その理由の一つは、根管は複雑な構造にも関わらず、直接見ることができず、治療は手探りであることや、目に見えない細菌を除去しなければならない事があります。

いくら綺麗なセラミックの歯を被せても根管治療が確実にできていなければ数年後に痛みがでて再治療が必要になったり、根がぐらついて歯を抜くような状態になる事もあります。当院では特に根管治療を重視し、最新の理論、器材を使用して取り組んでいます。お困りの際は、他院で治療中の場合も引き継げますので是非一度ご相談ください。

安全な治療のために

当院は患者さんに安全な治療をご提供するために、様々な機材を揃えて治療に取り組んでおります。

ジロソニック

ジロソニックは1500~3000Hzの周波数で振動を起こして、根管を拡大する装置です。ファイルでは難しい枝分かれした根管にも対応できます。

デンタポート

電気的特性を利用して、根管の先端までの長さを測定する機器です。フルオートで高精度の測定ができるので治療に役立ちます。

EQ-V根管充填

EQ-V根管充填は歯の根を封入するためのもので、複雑な形状の根管を3次元的に密封します。デッドスペースができないので再治療のリスクを大きく低減します。

ページトップへ戻る